ニキビ跡を残さずキレイに治すためのケア

そのニキビ、触らないで!清潔に保つのがベスト

基本的にニキビというものは触ってはいけません。頬やおでこにプツリと出来てしまったら、つい触ってみたくなってしまうもの…。しかし思いとどまってください。人の手というものは目に見えないだけで様々な雑菌が付いています。そんな手でニキビを触ってしまうと炎症を起こしかねませんし、ひどくなると黒くなったり紫色になったりして悪化してしまうことも。場合によっては病院に行かなければならなくなったりもします。そうなってしまうと悲惨ですよね…。そうならないためにも極力ニキビには触れないようにしましょう。潰すなどもってのほかです。出来てしまったニキビは刺激しないようにやさしく石鹸などで洗い、常に清潔な状態を保つようにするのがベストです。また、綺麗に洗ったあとは保湿することも忘れずに。肌が乾いてしまうと新たに油分を分泌する原因にもなり、逆効果になってしまいます。

薬品に頼ってみるのもアリ!

先程の項目で清潔に保つように述べましたが、それでも不安だという方は多いのではないでしょうか。そんなときには薬に頼ってしまうのも1つの手段です。薬局に行けばさまざまなニキビケアの薬品が販売されていますし、通販などでも様々な薬品を見る事が出来ます。「たかがニキビで薬なんて…」と思われる方も居られるかもしれませんが、比較的手ごろな価格で手に入れることが出来るので一度試してみるのも良いでしょう。薬品の中には出来てしまったニキビの腫れや赤みなどの炎症を抑える効果だけでなく、ニキビが出来てしまう前にニキビの原因であるアクネ菌を殺菌してしまうものもあります。ぜひ色々調べてみて自分の体質に合うものを探してみてください。