ニキビの進行段階ごとのケア

初期段階のニキビは家庭内でケアできるケースも多い

ニキビの悩みを解消するためには、段階に応じて適切な対策を立てることがとても重要です。特に、初期段階のニキビは、自覚症状が少なく見た目で分かりにくいものの、すぐにケアを始めることで症状の悪化を食い止めることが可能です。例えば、白や黒の色をしているニキビについては、炎症を起こす前の状態であるため、家庭用のスキンケア用品を使って対処をすることが可能です。最近では、毛穴のケアに活用できる洗顔フォームや石鹸などが各地の薬局やデパートなどで販売されており、医療機関に通わなくてもニキビ対策を行うことができます。なお、短期間で初期段階のニキビのケアを済ませたい場合には、面皰圧出処置などの実績がある皮膚科のクリニックに頼るのも良いでしょう。

炎症を起こしたニキビは医療機関でケアをしよう

赤や紫などの色をした炎症を起こしているニキビについては、家庭内での対処が困難なため、いち早く専門医のいる医療機関を訪れて本格的な治療を始めることが大切です。例えば、飲み薬や塗り薬などを中心とした保険適用内の治療を受けられるクリニックを通院先に選ぶことで、出費を最小限にすることができます。一方、炎症を繰り返して肌がでこぼこしたり、ニキビ跡が残ったりした場合には、保険適用の治療だけでは完璧にケアできないこともあります。そこで、経済的に余裕があれば、ニキビ対策の一環として保険適用外のレーザー治療やフォトフェイシャルといった人気の施術を採用しているクリニックでカウンセリングを受けることがおすすめです。