ニキビに効果のある食べ物や飲み物とは?

ニキビを治す!摂取すべき栄養と食べ物

性別にかかわらず、幅広い世代の悩みであるニキビ。対策として多くの情報が出回っていますが、結局何をしたら良いか分からない、という方も多いですよね。ここでは、食生活をピックアップして、ニキビを改善するために効果的な食べ物をご紹介していきます。まず、肌質改善のために取っておきたい栄養は、たんぱく質(大豆、卵、鶏肉)・ミネラル(昆布、肉類、塩、きのこ類)・ビタミンA(緑黄色野菜)・ビタミンC(レモン、じゃがいも、いちご)・ビタミンE(ナッツ類、レタス、玄米)・コラーゲン(手羽先、魚の皮、ゼリー)の6種類。タンパク質は肌の状態を保つ重要な役割を担っています。ミネラルとは、カルシウムや鉄分、マグネシウムなどが含まれる要素です。「美容にはビタミンとミネラルが大事」と言われるように、これらは健康回復や肌のターンオーバーを促します。肌をきれいに見せるコラーゲンも摂れると良いですね。

意外と深刻?腸内環境とニキビ

トマトジュースやビタミンドリンク、美容ドリンクなども肌荒れに効果的とされています。そのほかに、意外と深刻なニキビの原因が腸内環境にあります。理由は、腸内に住む菌たちが人間の免疫力に関わっているからです。便秘や下痢、自律神経に影響を与えるうちに、肌荒れやできものとなって現れます。でも大丈夫、腸内環境も食べ物次第で改善することができます。ポイントは、バランスの良い食事に加え、食物繊維(野菜類、きのこ類)と乳酸菌(ヨーグルト、納豆、漬物)を積極的に摂ること。近年話題の乳酸菌飲料もおすすめです。ニキビ肌を治すには時間がかかるかもしれませんが、食生活を気にかけることで、ニキビができにくい、自然な肌が手に入ります。この記事を参考に、ライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか。