ニキビの原因となる食べ物とは?

脂質や糖質が多い食べ物はニキビの原因になる

スキンケアを見直してもニキビがなかなか治らないという場合は、食生活を見直してみてはいかがでしょう。脂質や糖質が多い食べ物ばかりだと、ニキビができやすくなると言われています。ニキビは皮脂分泌が過剰になると、できやすくなる肌トラブルです。スナック菓子やジャンクフードなど、脂質の多い食べ物を過剰に食べると皮脂が増えてニキビの悪化に繋がります。また、糖質を摂り過ぎてしまうと代謝できなかった分は、脂肪となり最終的に皮脂分泌が増えてしまいます。また糖質を分解するには、肌の代謝を良くするビタミンB群を多く消費してしまうので、ニキビの治りも遅くなるようです。毎日のようにスナック菓子や甘いお菓子を食べている人は、少し控えてみてはいかがでしょう。

辛いものアルコールなど刺激物の摂り過ぎにも注意

ニキビの原因となる食べ物は脂質の多いスナック菓子や、糖質たっぷりの甘いお菓子だけではありません。実はトウガラシなどの辛い香辛料や、アルコールもニキビを招くと言われています。辛い香辛料やアルコール、あまりニキビとは関係ないと感じるかもしれませんが、肌に大きく関わっているようです。辛いものやアルコールを摂取すると毛細血管が広がり、皮脂の分泌も増えます。ニキビは皮脂が毛穴に詰まったり、皮脂をエサとするアクネ菌が増えるとできやすくなる肌トラブルです。皮脂を増やす作用のある辛い食べ物やアルコールの摂り過ぎは、ニキビを招く原因と言えるでしょう。またアルコールの種類によっては糖分を多く含み、ビタミンB群が多く消費されてしまうこともニキビができる原因になると考えられています。