大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビは肌の乾燥が原因となることが多い

大人ニキビは、加齢やストレス、ホルモンバランスの変化などによる肌の乾燥が原因で起こることが多く、根本的にニキビの症状を改善するうえで、体質改善や生活習慣の見直しが必要となります。特に、一年を通じて乾燥肌に悩んでいる人や、食生活が乱れがちな人は、ニキビが悪化しやすくなるため、すぐに自分に合ったケアの方法を見つけることが重要です。最近では、大人ニキビの症状を改善するために、食事の栄養バランスを整えたり、様々なスキンケア用品を使い分けたりする人が少なくありません。なお、人によっては顔だけでなくうなじや背中など様々な箇所に大人ニキビができることもあり、症状に応じて皮膚科で専門的な治療を受けるのも良いでしょう。

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌と関係がある

思春期ニキビは、大人ニキビとは異なり、一時的な皮脂の過剰分泌が原因となりやすいという特徴があります。また、初期の段階のケアを疎かにすることで、毛穴の周辺にアクネ菌が増殖をして肌が炎症を起こしたり、膿が溜まりやすくなったりすることもあり、日頃から肌の状態を清潔に保つことが重要です。最近では、思春期ニキビの対象に役立つ洗顔フォームやクリームなどが続々と増えており、中でもアクネ菌の増殖を抑えたり、肌の保湿効果が得られたりするものが選ばれる傾向があります。なお、思春期ニキビは成人までに徐々に症状が治まっていくことが多いものの、人によってはニキビ跡が残ってしまうこともあるため、慎重にアフターケアを行うことがポイントです。